ヨーロッパ南天天文台がとらえた神秘の大宇宙

 

ESOcoverSmall

ESO(ヨーロッパ南天天文台)は、南米・チリで3か所の天文台を運営しています。口径8.2メートルのVLT(Very Large Telescope)を筆頭に、さまざまな大きさの望遠鏡を使って、多くの天体を観測してきました。

大望遠鏡では天体の詳細な姿を、比較的小さな望遠鏡では広い視野を生かして天体の全体像をとらえるなど、望遠鏡の特性を生かして天体が撮影されています。

この電子書籍では、ESOで撮影された数々の天体の中から、75点ほどを厳選して収録、紹介しています。

【主な内容】

パート1 星の世界

星の誕生、惑星状星雲、超新星残骸、球状星団

パート2 銀河の世界

天の川銀河、大マゼラン銀河、さまざまな銀河、銀河の相互作用、銀河団

タブレット端末でも読みやすいように、文字の大きさも大きくしています。
横表示にすると見開き、縦表示にすると左右1ページごとにページが表示されます。

【試し読み】

※上のサンプルは単ページ表示のみです。ほとんどの配信サイトのビューアは見開き表示でご覧いただけます。

【配信サイト】

無料でサンプルを見られる書店もあります。ぜひご利用ください。